HOME >> 取扱い商品
押え工事
平面真空コンクリート
 

真空コンクリートとは、コンクリート内の余剰水を真空マット・真空ポンプによって脱水(除去)する工法です。脱水する事によって、初期強度の増加、圧縮強度の増加、耐磨耗性の向上、吸水性の大幅な改善、発塵の抑制、クラック発生の低減等の効果が有り、高品質なコンクリート床を創造できます。

平面真空コンクリート施工例
  • 真空マット設置真空マット設置
  • 真空脱水真空脱水
  • 完成完成

PAGE TOP

スロープ真空コンクリートリング
 

自走式立体駐車場のスロープに多く使用される工法です。真空コンクリートの様々な長所にプラスして、防滑性能を付与した工法です。防滑性能を確保するためにゴム製のリングの型を埋め込んだ後、刷毛引き仕上げを行います。

スロープ真空コンクリートリング施工例
  • Oリング埋め込みOリング埋め込み
  • 真空脱水真空脱水
  • 完成完成

PAGE TOP

勾配屋根・法面
 

急勾配の屋根や法面の均しは、施工場所やコンクリートの低スランプ等の問題により人力作業では限界がありました。そこで私達はブニアンストライカー・チューブ(ローラー式コンクリート簡易フィニッシャー)を導入する事により、少人数にて精度の良い敷き均しが行えるようになりました。ブニアンストライカー・チューブはローラーの回転運動によって、水下から水上にコンクリートをかき上げて行きますので、従来の人力作業では不可能だった凸凹の少ない勾配面を容易に作成する事が出来ます。

勾配屋根施工例
  • ブニアンストライカー施工ブニアンストライカー施工
  • フロートかけフロートかけ
  • 仕上げ仕上げ

法面施工例
  • 法面施工例01
  • 法面施工例02
  • 法面施工例03

PAGE TOP

スパン打設
 

低スランプのコンクリートを打設する事は、構造的にも意匠的にも理想ではありますが、施工性やその他様々な諸因により現実的ではありません。しかし、使用用途によっては耐荷重性・耐摩耗性・水平レベル精度等の、高品質なコンクリート床を求められるケースもあります。そこで私達はトラススクリード(トラス式コンクリート簡易フィニッシャー)を導入しスパン打設を行う事によって、低スランプのコンクリートでも水平精度の高い仕上げ面を作成する事が出来ます。

スパン打設施工例
  • トラススクリード施工トラススクリード施工
  • スパン打設スパン打設
  • フロートかけフロートかけ

PAGE TOP

各種仕上げ
 

騎乗式機械鏝による鏡面仕上げを始め使用用途に合わせた様々な工法、仕上げ方法が有ります。コンクリート床はそのまま仕上げとなる場合も有りますが、他の仕上げ材の下地となる場合も有ります。共通して高品質な床面となるために仕上がり面、水平・勾配レベルの精度に拘った高品質な床面を創造します。

各種仕上げ施工例
  • 押え01押え01
  • 押え02押え02
  • 押え03押え03
  • 押え04押え04
  • 押え05押え05
  • 押え06押え06

PAGE TOP